日焼け止めクリームの選び方

日焼け止めクリームには、SPF・PAなどの値が表示されていますね。

スポンサードリンク





数値が高いほうが、効果も高い、と言う事なのですが、
日焼け止めの効果が強いものほど、その分肌への負担は
大きくなります。

また、汗などで落ちてしまった場合は、いくらSPF・PAの
数値が高くても効果はゼロです。

ちょっと、買い物に行くのに、海やプールで使うような
強い日焼け止めを使っていては、必要以上に肌への負担がかかります。

反対に、海やプールで、水に弱い日焼け止めを使っていては、
日焼け止めの効果が十分に得られません。

日焼け止めは、用途に合わせて使い分けることがとても大切です。

日焼け止めクリームは、普段用とレジャー用、など
数種類の日焼け止めクリームを用意し、
用途に合わせて使い分けたほうが、肌への負担も少なく
紫外線を上手に防ぐ事ができます。

日焼け止めの使い方一つで、
肌への負担は大きく変わってきます。

最近では、髪用などといった、特定の箇所への
ダメージケアを目的とした商品も多くなってきました。

また、手軽なスプレータイプ等もありますね。

SPF・PAの高い日焼け止めには、
紫外線に強い反面、専用のクレンジング剤が必要となりますので、
日焼け止めと合わせて購入しておくことをお勧めします。

重要なのは、自分の肌に合った日焼け止めを使い、
用途によって使い分け、日焼け止めを塗っている時間を
極力少なくすることが重要なのです。

また、日焼け止めクリームは、こまめに塗っておく事も
とても大切な事です。

そのためには、におい、つけ心地、使い心地、値段など、
無理なく使い続けられるものを選ぶことも大切ですね。

最低限、パッチテストをして問題のないものを使用してください。

店でパッチテストができれば、一番よいのですが、
できない場合は、量の少ない方を購入することをお勧めいたします。


人気ランキング!ぴかぴか(新しい)人気の日焼け止めは?
タグ:SPF 日焼け止めクリーム PA
数々の臨床結果を基に作られたスキンケア、JCprogram。

再生医療の考えから生まれた日焼け止め



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。