日焼け止めクリームの成分は?

日焼け止めは、
どのような成分でできているのでしょうか?

スポンサードリンク






日焼け止めに含まれる主な成分は、
紫外線を吸収する有機化学物質「紫外線吸収剤」と
紫外線を反射、散乱させることによって
皮膚に達する紫外線の量を少なくする
無機粉体「紫外線散乱剤」の
2種類から構成されています。

これらが単独あるいは組み合わせて用いられています。

吸収剤はUV-B領域の紫外線をよく吸収しますが、
有機化合物なので、肌の弱い人はかぶれることがあります。

散乱剤は、微粒子によって紫外線を散乱させる成分です。
UV-BからUV-A領域まで広く遮断します。

以前は塗ると白浮きする製品が多かったのですが,
最近では改良が進み,使いやすいものが増えています。

肌への刺激や負担が少ないので子供や、アトピー性皮膚炎の方には
こちらのタイプがオススメです。

紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤のみで作られているものは
「ノンケミカル」と表示されていることが多いようです。
タグ:日焼け止めクリーム 日焼け止め 紫外線散乱剤 紫外線吸収剤
数々の臨床結果を基に作られたスキンケア、JCprogram。

再生医療の考えから生まれた日焼け止め



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。