紫外線吸収剤とは

「紫外線吸収剤」とは、文字通り紫外線を吸収し、
熱エネルギーに変えてしまう働きがある成分です。

スポンサードリンク





「紫外線吸収剤」とは、紫外線を吸収する有機化学物質です。

カット効果は高いものの、有機化合物なので、
肌の弱い人はかぶれることがあります。

主なものには、紫外線A波を吸収するメキゾリル、
紫外線B波を吸収するオキシベンソンなどがあります。
紫外線吸収剤は吸収波長が決まっており、
UV−B領域の紫外線をよく吸収しますが、
UV−Aを効果的に吸収することは、
むずかしいようです。

紫外線吸収剤は、紫外線吸収剤が紫外線を吸収し、
熱エネルギーに変えることで、
肌への浸透を防ぐというものです。

これらは化合物なので、人によっては肌に塗ると
ぴりぴりした感じがする場合があります。

お肌が弱い人は、避けた方が良いかもしれませんね。

また、使用頻度が多いと、本来お肌が持っている
基礎力を損なってしまう場合があります。

お肌が健康な人でも、長時間の使用はお肌の負担になるので
使い方に注意が必要です。

ただし、強い遮断力を必要とする場合は、
吸収剤入りの方が効果的です。

そのため、紫外線吸収剤は、SPFやPAの、
より高い日焼け止めに多く使用されています。

現在の技術ではSPFが30を越えて、ある程度以上透明性を
保つためには紫外線吸収剤の配合は不可欠のようです。
タグ:サンスクリーン剤 紫外線吸収剤 日焼け止めクリーム 日焼け止め
数々の臨床結果を基に作られたスキンケア、JCprogram。

再生医療の考えから生まれた日焼け止め



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。