紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤は、酸化チタンや酸化亜鉛が主体で、
UV−BからUV−A領域まで広く遮断します。

スポンサードリンク





紫外線吸収剤に比べ、肌への負担も少ないのが特徴です。

散乱剤は、紫外線以外にも可視光線も
散乱させるため白く見えます。

そのため、以前は塗ると白くなる製品が多かったのですが、
最近では、散乱効果が高く白さが目立たないような
のびのよい超微粒子の酸化チタンや酸化亜鉛が
開発されています。

散乱させる紫外線の波長に選択性はあまりなく、
紫外線全体を散乱させるUV−A防止剤としても
効果が高く、広く使用されています。

SPFやPAの低い日焼け止めは、
紫外線吸収剤を控え、主に紫外線散乱剤で
構成されているものが多くなっています。

ちょっとした買い物や子供の送り迎え、
洗濯物を干したりする場合であるならば、
紫外線吸収剤が少ないものや含まれていない
SPFやPAの低い日焼け止めを利用することで、
肌への負担を考慮した日焼け対策となります。

紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤のみで作られているものは
「ノンケミカル」と表示されていることが多いようです。
タグ:紫外線散乱剤 酸化チタン 日焼け止めクリーム UV-B UV-A 酸化亜鉛
数々の臨床結果を基に作られたスキンケア、JCprogram。

再生医療の考えから生まれた日焼け止め



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。